FXと外貨貯金の違い

FXと外貨貯金の違い

FXと外貨貯金の違いについてですが、よく、同じだと思っている人や、FXと外貨貯金はどう違うのかわからない人が多いといわれています。外貨貯金の場合には、日本の円よりも金利が高い国の通貨を使って貯金をした方が、国内外の金利の差によって利益を得ることが出来るとされています。FXというのは会社によって違っているのですが、少ない資金でレバレッジを使えば、多きな取引をすることも可能です。外貨預金の場合には、預け入れた際の金利で満期までそのまま維持されますが、元金がとても増えるということはありません。FXの場合には外貨預金に比べると、コストが安くて、有利とされています。銀行の手数料とスプレッドというのはとても高いので、取引手数料をFX比較ランキングで見てみると、FX会社の多くは手数料が無料になっているので、銀行よりも手数料がかなり安いことがわかります。 また外貨預金は取引の時間帯が限られているのですが、FXの場合には24時間取引をすることが出来るというメリットもあります。外貨預金は満期があるので、満期になれば日本の円に戻す必要があるのですが、そのタイミングに円安だと不利なタイミングでの払い戻しになります。その点FXなら自分の好きなタイミングで決済できるという違いがあります。 銀行で扱われている通貨というのは、それほど数が多くありませんが、FXの方は通貨ペアの数が多いことも違いとして挙げられます。他にも外貨は為替差益だけですから、円高の時に外貨をもらうしか方法がないのですが、FXの場合には円安でも円高でも利益をあげるチャンスはあるのです。 FXランキング.jp

FXのくりっく365というのは、外貨証拠金取引のことですから、FXにとても似ているのですが、実際のところは少し違っています。くりっく365というのは、公的な市場で実施されている取引所取引ですが、FXの場合には非取引所の取引ということになっています。とても似ているので、くりっく365がいいのか、それともFXがいいのかわからない人も多いと思いますが、一概にどちらの方がいいということはないです。どちらもよく似た特徴でどちらが自分が求めている利益に近いかということで考えるといいかも知れませんね。 FXに比べて、くりっく365は、1万通貨単位と決められているのですが、FXの場合には1000通貨単位や、10万通貨単位など取引の際に決めることが出来ます。取引手数料はどちらが高いのかというと、くりっく365の方が若干高めで、FXの場合には業者が無料のところが多いです。 レバレッジについてみてみても、くりっく365の場合には、だいたい30倍が限度なのですが、FX業者の中には、500倍まで用意しているところもあるというのが現状です。スプレッドについては、FXもくりっく365も特に違いはありませんが、取引時間に違いがあります。くりっく365の場合には、取引時間は公設為替取引所で実施されているために、時間が決められているのですが、FXの場合には24時間取引できるという違いもあります。 このようにとてもよく似ているFXとくりっく365ですが、どちらを選ぶかは自分にとっての利益次第、ということになるのではないでしょうか。

ハイリスク・ハイリターンといわれるFX。ハイリターンはいいけど、ハイリスクは怖いですよね。 ここではFXのリスクについてご紹介します。 FXのリスクとしてまずあげられるものといったらレバレッジ効果による損失でしょう。FXのメリットとしてもあげられるレバレッジはその反面リスクとしてもあげられます。 レバレッジとは簡単にいうと「元金の何倍のお金を利用できるか」ということです。もし保証金が10万円でレバレッジが10倍であれば、10万円の元金で100万円分の取引ができるということになります。 レバレッジ効果により、FXでは少ない金額で大きな取引を可能にしているのです。 これによるリターンも大きいですが、その反面損失も大きくなり、ハイリスクを生じることになるので注意が必要です。 その他のリスクとしてスワップポイントを支払うことがあげられます。 異なる2つの通貨間で発生する金利の差益であるスワップポイント。これを受け取ることができることがFXの特徴としてあげれれます。しかしスワップポイントは必ずしも利益になるとは限りません。例えば、金利の高い通貨から金利の低い通貨を買った場合、スワップポイントを払わなければならなくなります。 FXをする際は、メリットだけでなくリスクもしっかりと考えて取引するようにしましょう。

最近人気が高まっているFX。 始めたいけれど怖くてちょっと手が出せない、と思っている人も多いのではないでしょうか? ここではFXのメリットをご紹介します。 FXのメリットとして「24時間リアルタイムで取引ができること」、そして「少ない金額で大きな取引ができること」がまずあげられます。 株式市場の取引時間が9時〜15時であるのに対し、FXは24時間取引可能です。そのため忙しいサラリーマンや空き時間が不規則な主婦でも参加することが可能となっています。 ただし、取引き会社によっては24時間取引をしていないところもあるので、取引会社を選ぶ時に確認しておくといいでしょう。 そしてハイリターンが魅力のFXは少ない金額で大きな取引をすることができます。 例えば最初の資金を10万円とした場合、この10万円を保証金として何倍もの取引をすることができるのです。レバレッジと呼ばれるこの倍率は取引会社によって異なります。 また、その他のFXのメリットとして手数料が安い、スワップポイント(異なる2つの通貨間の金利差)による利益が毎日発生する、外貨の買いだけでなく売りからも取引が始められることなどがあります。

FXの口座はどうやって開設するんだろう? ここではFX口座開設の一般的な流れをご紹介します。 まずはFX取引き会社を決定し、ホームページの口座開設を開き手続きを始めます。必要であれば口座開設の前に資料請求をし内容を確認しておくといいでしょう。 口座開設をする際にはFX取引き会社のFX取引説明書や約款、規定、ガイドなどをしっかり読んでから始めましょう。 口座開設ページにある申し込みフォームに必要事項を記入し、送信します。 記入事項には住所、氏名、職業、年齢、銀行口座などの記入が必要となります。 申し込みを送付すると受け付けメールが届きます。 次に本人確認書の郵送が必要となります。(FX取引き会社によってはFAXで本人確認の書類を受けつけているところもあります。) 本人確認書は住所、氏名、生年月日が確認できるものが必要となります。本人確認書の内容が申し込みフォームに記載された内容と異なる場合は申し込み受付がされないので注意しましょう。 本人確認などの審査が終了すると、取引き会社から口座開設準備完了の通知書がきます。通常その通知書にはログインためのユーザーIDとパスワードや証拠金の振込み金融口座などが記載されています。 その後、その金融口座に入金し、準備が完了となります。 あとは通知されたユーザーID、パスワードでログインし、FX取引きスタートとなります。


ホーム RSS購読 サイトマップ